メニュー

閉じる

  1. HOME
  2. ソリューション一覧
  3. 企業年金システム
  4. 基金債権管理システム「PC債権.net」

基金債権管理システム「PC債権.net」

PC債権.net

当社I型システムのノウハウを生かし、債権管理業務に特化したシステムです。
銀行からの告知額データ取込やファクタリング会社からの収納結果データ取込により、スムーズな収納処理を実現するほか、システム標準の各種帳票をご活用いただけます。

PC債権.net

PC債権.netの特徴と導入効果

特徴

  • 従来のII型基金向け債権システムをリニューアル
  • 代行返上前後の延滞金率の違いにも対応しており、いつでも導入可能
  • 事業所に対する延滞金計算シミュレーションを標準装備
  • PC単体でも複数台でも動作可能。通信回線を使ったリモートメンテナンス支援の環境を構築することで、遠隔操作による操作支援を実現しています。

導入効果

各事業所ごとの月別掛金別の調停額、収納額、更正増減額を管理できます。

調停額は受託機関により告知額を受取り利用できます。(告知額データ受渡しが可能か受託機関と確認が必要)

取り纏め銀行からの振込通知を基に収納入力を行うか収納代行業者からのデー タ受付入力も可能です。

領収済通知入力も画面からの入力または、バーコードリーダを利用して簡単に処理が行なえます。

総括、事業所別債権管理票、収納額一覧表、延滞金計算、督促状も処理ができます。

債権管理業務を標準化できるので職員が交代した場合も従来通りに処理が継続できます。

ビジネスの課題を
ICTで解決しませんか?Contact