メニュー

閉じる

  1. HOME
  2. ソリューション一覧
  3. 企業年金システム
  4. 基金セキュリティ

基金セキュリティ

基金セキュリティ対策

基金セキュリティ対策

このようなオフィスはたくさんの危険が潜んでいます。個人情報保護対策が必要です。

導入の流れ

導入の流れ

メール誤送信防止システム

機密情報を添付したメール送信には、添付ファイルの暗号化は今や常識です。しかし、うっかり暗号化を忘れたといったことも、日常的にあり得ることです。
メール誤送信防止システムを導入すれば、このようなヒューマンエラーをなくし、無用な情報漏洩を防げます。

内部からの情報漏洩対策と外部からの攻撃メール対策の両方を実現

内部からの情報漏洩対策と外部からの攻撃メール対策の両方を実現

ファイル自動暗号化システム

個人情報や機密情報を保護する対策を取っていても、万が一はあり得るものです。
メール誤送信防止システムは、基金様で管理しているファイル(Word、Excel、PDF等)を自動的に暗号化し、万が一情報流出が起こったとしても閲覧できないよう、基金様の情報を守ります。

ファイル自動暗号化システムの特徴

ファイル自動暗号化システムの特徴

PC操作ログ管理

日々の業務で、操作した本人は意図せず情報を流出してしまうことがあるかもしれません。
メール誤送信防止システムでは操作ログも管理できるため、どのような操作を行ったからどの情報が流出したかといった状況も、正確に把握できます。

デバイス、メディアの適正管理で、個人 / 機密情報の漏洩防止を支援

PC操作ログ管理

カメラを使用した物理セキュリティや顔認証によるセキュリティ向上のソリューションもご提案いたします。

ビジネスの課題を
ICTで解決しませんか?Contact