メニュー

閉じる

  1. HOME
  2. ソリューション一覧
  3. 企業年金システム
  4. マイナンバー管理システム

マイナンバー管理システム

マイナンバー管理支援システム

平成28年より運用が始まったマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)では、企業年金においては当面の間、源泉徴収業務に限定して使用することを義務付けています。
三和コンピュータの「マイナンバー管理支援システム」は、I型・II型基金様の煩雑なマイナンバー管理や処理業務を支援するシステムです。

登録

連合会提供データ、個人から収集した番号の登録

保管

個人番号を外部記憶媒体に保管

管理

処理や使用などの履歴をログとして保存・閲覧

提供

総幹事への個人番号通知(I-B・Ⅱ型のみ)

連携

他社システムから基本情報を連携

  • 総幹事や他社のシステムと基本情報(照会番号を含む)の連動が可能です。
  • 企業年金連合会からの個人番号(マイナンバー)提供事務による回答データ(CD)を取込むことができます。
  • 個人からの収集が生じた際の入力による登録が可能です。
  • 総幹事指定の個人番号届出書(または届出データ)の作成ができます。
  • 個人番号に関する処理や使用などの履歴をログとして保存し、閲覧できます。
  • 不必要となったマイナンバーの削除も削除履歴を残します。

運用イメージ

年金基金向けマイナンバー管理支援システムは、Ⅰ型・Ⅱ型問わずに導入いただく事が可能です。

運用イメージ

ビジネスの課題を
ICTで解決しませんか?Contact