問い合わせフォームへのリンク
MENU

無料!企業年金基金 財政安定化シミュレーション

無料!企業年金基金 財政安定化シミュレーション

 企業年金基金において、運用リスクの低減のためにさまざまな対策をされていると思います。運用のリスクを減らすには運用益を安定的に得られるような投資を行うか、運用に関わる支出を低減させるか、またはその双方をバランスよく行うことが重要になります。

支出拡大の予想

 2019年度(平成31年/令和元年)決算より、資産総額(純資産)が20億円超えの総合型企業年金基金に対して、会計監査または公認会計士などによる「合意された手続き業務(AUP)※」が導入され、今後運用に関わる支出がますます大きくなることが予想されます。
※AUP…Agreed Upon Procedures

 また、厚生年金基金時代のいわゆる業務委託形態がⅡ型の基金の場合、年金総資産に対する業務委託報酬費用の比率が大きくなっております。

無料シミュレーションのご提案

 そこで当社は運用リスク低減のために、運用に関わる支出の低減をⅠ型システム導入によって実現する事をご提案いたします。
 まずは貴基金の財政状況について、「基金財政安定化シミュレーション(無料)」でⅠ型システム導入によって支出がいくら低減するのか見える化しませんか?

モデルケースのご紹介

決められた枠に数字を入れるだけ!簡単シミュレーションをぜひお試しください!

お問い合わせ後の流れ

お問い合わせ後の流れ


PAGETOP
Copyright © 三和コンピュータ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.