メニュー

閉じる

  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. お役立ちコラム
  4. 虹彩認証システムとは?その特徴とさまざまな活用方法

お役立ち情報

虹彩認証システムとは?その特徴とさまざまな活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今ではさまざまな領域でセキュリティの確保が求められています。またコロナウイルスの影響によって、直接モノに触れるといった接触を避けより衛生的な認証が求められるなど、少し前と比べて非常に多くの製品や技術の需要が高まっています。
前回の記事では顔認証システムについてご紹介いたしましたが、今回の記事では「虹彩認証システム」についてご紹介したいと思います。


虹彩認証システムとは

「認証」とはなりすましを防ぐために本人かどうかを確認することを指します。そして本人を認証する方法としては、鍵やカードを使用した所有物認証、IDパスワードによる知識認証、身体の一部分を利用する生体認証と大きく三種類に分けることができます。

目の構造図

虹彩認証システムは生体認証のひとつで、人間の「瞳」の中にある「虹彩」を鍵にして認証を行うシステムのことです。「虹彩認証」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。では「虹彩」とは具体的にどの部分を指しているかはご存知でしょうか。


「虹彩」とは黒目の内側にある瞳孔の周りのドーナツ状の模様部分を指します。個々人で固有のパターンを持ち、生涯不変と言われています。また、遺伝的な影響がほとんどなく同一人物の左右でも、一卵性双生児であっても異なるとも言われています。


虹彩認証システムの仕組み

虹彩認証は冒頭でも記載しましたが生体認証(バイオメトリクス認証)のひとつとなります。認証の仕組みはカメラで映し出された眼球の画像から瞳孔、睫毛などを除去し虹彩エリアを特定します。次に特定した虹彩エリアを微小に区分けして数値化し、輝度(平面状の光源がある方向に単位立体角あたりに放射する光の光源における単位面積あたりの明るさ)の変化を符号化して照合を行うことによって認証します。


虹彩認証システムのメリット

虹彩認証システムの概要と仕組みを書いてきましたが、実際に虹彩認証システムを活用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

特長1 非接触で衛生的

  • カメラで捉えた虹彩情報で認証を行うため、機器に触れることなく非接触で認証を行うことができます。非接触のため手に荷物を持っていたり、手袋の着用などをしていても「認証のための動作」は不要なためスムーズに認証が可能です。
  • 工場現場などの防塵ゴーグルや防護服を着用していても目が露出していれば認証が可能です。
  • 鍵やカードといった認証媒体を持つ必要がないため紛失の心配がありません。

特長2 確実な本人認証・不正の抑止効果向上

  • 虹彩は生後18カ月までにパターンが固定され、生涯不変と言われています。そのため成長によって変化する顔情報と異なり満2歳からほぼ情報が変わらないため、ほぼ再登録が不要です。
  • 左右の眼を比較しても異なるパターンを持っており、2つの虹彩がぴったり一致する確率は1078分の1とも言われています。
  • 複製が限りなく難しいものを認証に利用することによって、不正抑止効果も期待できます。


さまざまなフィジカルセキュリティソリューション

三和コンピュータでは防犯カメラや入退室管理システムの設計・構築で培ってきた経験や技術を活かした虹彩認証システムソリューションのほかにも、さまざまなフィジカルセキュリティソリューションをご提供しています。

高解像度ネットワークカメライメージ

高解像度ネットワークカメラ

最大3000万画素(7K)のパワフルなHDカメラによるコスト効率の高い監視ソリューションです。独自開発されたHDSM機能により、高度な映像監視システムを構築することが可能です。


サーマルカメライメージ

サーマルカメラ

MOBOTIXのサーマルテクノロジーで人の目では捉えられない遠赤外線を検出し、あらゆる物体の温度を「見える化」します。身に迫る見えない危険を「温度の可視化」でいち早く察知する信頼性の高い危機管理ソリューションをご紹介します。


総合映像監視システム「I Guard S」

総合映像監視システム「I Guard S」

監視カメラを主体として、多彩な機器との連動を可能にするトータルセキュリティシステムです。



まとめ

世の中には指紋や静脈、顔などを使う生体認証システムが急速に普及していますが、虹彩認証システムはその中で最も精度の高い認証技術の一つと言われています。 日本国内では顔認証システムと比べると普及率は低いですが、次世代の本人認証技術であり高精度であること、顔認証よりも抵抗が少ないといったメリットから、実用化ニーズの高い先端技術です。
虹彩認証システムは今後さらなる発展を遂げ、今の生活を劇的に変える可能性を持っていると言えるでしょう。
三和コンピュータではオフィス、工場、病院などを始めとした様々な場所で活用できる虹彩認証ソリューションを提供しています。気になることがございましたらぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの課題を
ICTで解決しませんか?Contact