問い合わせフォームへのリンク
MENU

サーマルカメラソリューション

そのリスク、”見える化”できます!

監視・セキュリティに特化した多機能IPサーマルカメラ

MOBOTIXのサーマルテクノロジーで人の目では捉えられない遠赤外線を検出、あらゆる物体の温度を「見える化」します。身に迫る見えない危険を「温度の可視化」でいち早く察知する信頼性の高い危機管理ソリューションをご紹介します。
MOBOTIXのサーマルテクノロジー

MOBOTIXサーマルカメラの特徴

センサーコンビネーション

MOBOTIXなら1台のカメラに2つのセンサーを装着可能です。サーマルセンサーと可視光センサーの組み合わせで、時間帯を問わない万全の監視体制をご提供します。

サーマルセンサーと可視光センサーのイメージ

優れた温度分解機能

  • 検知温度範囲は-40~+550℃と広範囲、さらに0.05℃刻みで温度変化を捉え、小さな変化を見逃しません。
  • 温度トリガーを設定し外部システムとの連動も可能です。
鮮明なサーマル画像

MOBOTIX社製サーマル画像

他社製サーマル画像

他社製サーマル画像

サーマルオーバレイ

可視光センサーの画像にサーマル画像を重ねること(オーバーレイ)で、より理解しやすい映像を提供します。

オーバーレイでより理解しやすい映像に

ご利用想定シーン

体調管理(パンデミック対策)

  • 発熱兆候者を検知、重要エリアでの感染症拡大リスクを抑制
  • ウォークスルーでの熱源感知で普段の動線を妨害しません

ウォークスルーでの利用イメージ

資産品質管理(精密機器・設備・動植物)

  • 1℃の温度変化が大きな損失を生む対象の状態監視や異常の早期検知に最適
  • 温度変化による外見の変化を監視し、同時に外見からは分からない内部の変化で潜在的な問題を検知・対応します

温度変化による外見の変化を検知

仕様および注意事項

仕様表

タイプカメラ一体型(M16)カメラ分離型(S16)
外観
サーマルセンサー感度NETD typ.50mK(1/20℃)、< 79mK/IR波長域7.5~13.5μm
検知温度範囲摂氏-40~+550℃
華氏-40~+1,022℉
サーマルセンサー解像度336×252ピクセル ※最大6MPまで画像をスケールアップ可能
最大フレームレートサーマルセンサー:9fps
温度スポット解析サーマルスポットメーターで表面温度計測可能(検知精度±10℃)
熱放射エリア解析20箇所の検知エリア設定可、各エリアに温度閾値設定可(検知精度±10℃)
動体検知機能MxActivity Sensor(方向検知)、Video Motion(輝度検知)
内蔵センサー内部温度センサー、マイクセンサー、照度センサー、ショックディテクター
※S16には外部温度センサー未搭載
コーデックMxPEG/M-JPEG/H.264
オーディオマイク・スピーカー、VoIP、インターコム、録音機能
※S16にはスピーカー機能未搭載
消費電力サーマルセンサーのみ:5.5~6.5W
デュアルセンサー:6.5~7.5W
動作環境温度-30℃~+60℃
防塵・防水/耐衝撃IP66/IK06IP65/IK04
MTBF>80,000時間

注意事項

        

  • 遠赤外線を吸収するプラスチック、ガラス、植物などは透過できないため予めご了承ください
    赤外線吸収素材は通過しない

    ガラス部分は透過しません

    遠赤外線を吸収する素材は透過しません

  • MOBOTIXおよびMxPEGは独MOBOTIX社の商標です
  • サーマルカメラはアメリカ合衆国政府の輸出制限対象となり、製品用途の用途証明をご提出いただく必要がございます。予めご了承ください
  • 詳細仕様は別途お問合せください


PAGETOP
Copyright © 三和コンピュータ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.