基幹システムと連携させた
トレーサビリティシステム

 株式会社タバタ様は、アーモンド、ピーナッツ、製菓原料用各種ナッツ類の加工、及び製菓原料関連の卸売と輸出入業務を行われています。以前より、NECの基幹システム「Explanner/Ai」をご利用いただいておりましたが、この度、Explannerと連携させたトレーサビリティシステムを導入いただきました。

導入システム概要

システム概要図

お客様の声

株式会社タバタ 萩原寿之取締役
 以前から原料や出荷先を追う事自体は可能でしたが、手書きの帳簿で管理を行っていた為、帳簿の書き間違い等もあり、トレースにかなりの時間を要してしまう事が大きな課題でした。
 食の安全という観点からも、トレーサビリティシステムの導入は必須と考え、以前から基幹システムをはじめ、社内システムでお世話になっていた三和コンピュータに相談いたしました。綿密な現場ヒアリングを経て、Web検査システムとトレーサビリティシステムを構築し、基幹システムの製造情報と出荷先情報のデータを連動させる事で、当社に適したオリジナルシステムを実現する事ができました。
 基幹システムとトレーサビリティシステムをひとつに融合していただいたおかげで、各システムで重複した作業もなく、スムーズに現場も受け入れる事ができました。また、お客様に工場見学をしていただいた際も、当社のトレーサビリティシステムの仕組みに驚いていただき大変満足しています。

お客様プロフィール

社名 株式会社タバタ
所在地 本社 千葉県千葉市若葉区桜木4-6-2
創業 昭和22年
資本金 9,600万円
事業内容 アーモンド、内外産ピーナッツ、製菓原料用各種ナッツ類の加工、及び製菓原料関連商品の卸販売と輸出入業務
URL http://www.tabatainc.co.jp