MENU

年金基金向けマイナンバー管理支援システム

年金基金向けマイナンバー管理支援システム

 平成28年1月よりマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始されました。
企業年金において当面の間、源泉徴収業務に限定して使用することを義務付けられていますが、マイナンバーを取り扱うにあたり、「企業年金等に関する特定個人情報の取扱い準則」に対応した安全管理措置が必須となっています。
「マイナンバー管理支援システム」では、登録から保管、管理、提供などの煩雑な業務を、システム上で簡単、安全に一元管理が可能です。


手作業での面倒な保管や管理に悩まれていませんか?
マイナンバー管理支援システムの一元管理で解決できます。

一元管理イメージ

マイナンバー管理支援システムの特徴

MNS特徴

特徴①【登録】データによる一括取り込み
  • 弊社指定フォーマットによる一括取り込みが可能
  • 企業年金連合会からの個人番号(マイナンバー)による回答データ(CD)を取り込み可能
  • 紙で入手した個人番号(マイナンバー)もシステムに直接入力で対応可能
特徴②【保管】安心・安全な3重のセキュリティ
  • 個人番号(マイナンバー)が保管されているパソコンの修理が受付されないケースがあるため、暗号化外付けHDDを利用
  • 個人番号(マイナンバー)は外部保管媒体へ保管するため、金庫での保管が可能
  • データベース、システム、暗号化外付けHDDの3段階で暗号化
特徴③【管理】全てのログを自動取得
  • 登録、出力、廃棄等、全てのログを管理
  • 個人番号に関する処理や使用履歴をログとして保存し閲覧可能
  • 自動でログを取得するため、煩雑な台帳管理が不要
特徴④【提供】様々な帳票・データでの出力が可能
  • 各総幹事の個人番号届出書作成などが可能
  • 税務署宛源泉徴収票へマイナンバーの記載が可能
特徴⑤【連携】基本情報を総幹事のシステムから連動
  • 総幹事のシステムや他社のシステムから基本情報(照会番号を含む)の連動が可能

運用イメージ

 年金基金向けマイナンバー管理支援システムは、Ⅰ型・Ⅱ型問わずに導入いただくことが可能です。

運用イメージ

サポート体制

 当社は、30年以上にわたり100基金以上へ年金システムを導入し、運用サポートを行ってまいりました。
システム導入後は、実績と経験豊富な年金業務専門のエキスパートSEで組織されたチームが基金様の業務をサポートいたします。

HDC詳細へ
 

お問い合わせ・資料請求

ソリューション事業本部 営業本部 公共営業部
〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス
TEL:(03)5421-8503
FAX:(03)5421-8509

メールでのお問い合わせ・資料のご請求はこちら

PAGETOP
Copyright © 三和コンピュータ株式会社 All Rights Reserved.